フレンチブルドッグの「ブリンドル」について

黒い毛に差し毛の入ったカラーがブリンドルです。
フレンチブルドッグのブリンドルには、差し毛の入り方により印象がガラリと変わります。
子犬の頃に差し毛の少ない子は、ブラックに近くなります。
しかし正式なブラックではなく、大人になるにつれ差し毛が多少入ってきます。 逆に差し毛の多いタイプは、タイガーブリンドルと言って虎のような美しい毛色になる子もいます。
タイガーブリンドルであっても、血統書はブリンドル(BRLD)で表記されます。 これは、タイガーブリンドルは俗称であり正式な毛色はブリンドルであると言う事になります。
ブリンドルは基本的には、大人になるにつれて差し毛は増えていき、子犬の時に真っ黒の子も徐々に差し毛が出てきます。
普通のブリンドルは産まれた時は真っ黒で産まれてきます。
タイガーブリンドルの場合は、産まれた時よりタイガーの柄が出ていることが多いです。
ブリンドルはフレンチブルドッグにとって、とても重要な毛色になります。
色素の塊であるブリンドルは、ブリーダーとして掛け合わせを考え繁殖をする際に、しっかり色素を上げるための毛色となります。
日本のドッグショーの世界でも、ブリンドルはとても人気でブリンドルかフォーンが特に目立ち、やはりチャンピオンになるフレンチブルドッグも多いです。
全体的に、容姿はスタンダードに近く、とてもカッコいいフレンチブルドッグが多い毛色です。

パイングローブFBロゴ072-370-3678大阪府/神奈川県
ブログにリンクブログ内にてフレンチブルドッグの
親犬・子犬達との日々の暮らしや
産まれた子犬の様子等々
掲載しております。
フェイスブックロゴ
アクセス大阪府富田林市廿山596-1神奈川県横浜市都筑区中川中央1-5-4-205